成人式を迎えるにあたり、記念写真を撮ることの意味。その子供たちが、親になった時に、この写真で思う親の苦労

忘れられない成人式の出来事と記念写真
忘れられない成人式の出来事と記念写真

成人式の思い出として記念写真を撮る

日本では、まだまだ成人式が一般的な行事として知られています。
いろいろな意味で、一人前として社会から認められる年齢になります。
成人式といえば、市町村で行われている成人式にでることが当たり前のようになっています。

でもせっかく、成人式のために衣装を借りたり、買ったりしたのですから、記念写真は残したいものです。
またご家族と一緒に撮るのもいいかと思います。
成人式が終われば、とりあえず、ご家族との時間も少なくなっていくことでしょう。
ご両親は、大役を終わって少しほっとされる気持ちもあるかと思います。

小さい頃、撮っていた写真も、子供が大きくなるにつれ、だんだんと枚数が減ってきます。
記念写真を撮ることすらなくなってくるご家庭も多くなると思います。
成人式という一つの節目、子供は、親の元を離れる、また親は子供をそろそろ離す時期でもあります。
今でも、やはり成人式といえば、着物を着ますが、着物を着る機会の少ない今、成人式での着物姿は、ご両親にとっても記念の一枚になるかと思います。
この先子供たちが育った後、この写真はきっと想い出の一枚になるかと思います。
子供も、成人式を終えて、自分への責任への重さを感じるかと思います。
想い出の写真を撮ることで、それがまた節目の重さを感じるかもしれません。20年、親はいろんな思いで子供を育ててきました。
そんな思いを子供たちも思い直し、自分が親になった時に、成人式の写真を見て、親の苦労を少しでも理解できるようになれば、その写真の務めも果たせたことでしょう。

関連キーワード

Copyright 2017 忘れられない成人式の出来事と記念写真 All Rights Reserved.